エヴァネッセント・サーガVer1.03

2020/09/06
エヴァネッセント・サーガVer1.03
DLはこちらから
Freem!様で公開しました。

ざっくり更新情報
Ver1.03
『第三集 竜の怒り』におきまして、魔王出現時に居ないはずのキャラクターが話す不具合を修正。
同上シナリオではエドガードが話すようにしました。

Ver1.02
高難易度時に自動レベルアップしたCPU人材などのステータスがへたれる不具合の修正

Ver1.01
エドガードが第四集で二人いて放浪していた不具合の修正
チュートリアル中にラッセが一時顔無しになるのを修正

Ver1.00
外部公開開始

感想などいただけると、とても嬉しいです。
楽しめたよってかたは、右にあるこちらの掲示板で一言でもどうぞ。
不具合の報告もあれば上記の掲示板にお願いします。
なお、不具合の場合は、こちらにセーブデータなどをアップいただければ対応もしやすく助かります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しませってもらっています、更新感謝です。 ツ

No title

楽しんでいただけて何よりです
現状私の確認の到っていない点も多いので、不具合等ありましたらお気軽にコメント等頂ければ幸いです

No title

戦陣面白いですね。
じわじわ戦線押し上げていくのが癖になります。

No title

楽しんでいただけて何よりです
戦陣は結構頑張って生み出したものなので、プレイして気に入っていただけたものであれば私も嬉しい限りであります

No title

DLしようとするとIDが不正です、と表示されてしまいますが、どうすれば正しくDLできるでしょうか?

No title

Ver0.87aに更新しました。現在DL大丈夫かと思います

ロダにデータが無い時は次のVerをアップする準備が出来たために作業しているところです
ですのでその時は少々お待ちくだされば次のVerがアップされたりします

テンテラスのシリウスのセリフがミザールのセリフが同じなってる気がします

Re: タイトルなし

> テンテラスのシリウスのセリフがミザールのセリフが同じなってる気がします
ちょっとごめんなさい。どこでの台詞が重なってしまっているのか特定できませんでした

DL

DLが出来ません。
リンク先に何もないようです。

No title

報告ありがとうございます
http二重に打ってしまってました

No title

Ver.UPお疲れ様です。
以前のVerのイベントクリアデータを引き継ぎたいのですが、どのファイルを新Verのファイルに入れればいいのでしょうか?

No title

global.savがそれにあたります

No title

ありがとうございます。いつも楽しみにしています!

No title

VT系の新作!!!
面白いと思います。

EDの条件ってフラグ多めですかね。。。
第一章 ロイド勢力プレイで最後特にEDなく、勲章与えられたただけで終わったので、むなしく。。。

最後、静観でさぼったから???

No title

ごめんなさい
静観では挙動が意図していない事が起こるため、イベントの発生をOFFに変更されるようにしています
EDを見る場合は、イベントを見る設定で操作できる状態のままクリアしてもらう必要があります

EDの発生条件はイベントの手引きで特記のある者以外は、基本クリアするだけで見れると思います

戦陣システム画期的ですごいですねこれ
イベント、勢力&人材プレイや充実したキャンプ行動など
面白そうな要素が沢山あるのでじっくりプレイしたいとおもいます!

No title

戦陣はエヴァネッセント・サーガの半分を占めると言っても過言でないので、気に入っていただけたようでうれしいです
しかし、それだけではやはり半分なので、ぜひ残りの半分もご賞味下さい

script

scriptいじれません。

暗号化されたのでしょうが、大物入れか別の場所に暗号化されていないものをダウンロード出来るようにして頂く事は不可能でしょうか?

他の作品のように自分でいじっても見たいのですが…。

No title

いまのところ近いうちに公開するという予定はありません

ただ、いずれはローダーを借りてスクリプトのみの公開自体は考えていなくはありません
steamで公開中!
絵も描くようになったそうな
いらっしゃった人数
花にも実にもならないツイート
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
エヴァネッセント・サーガ
配信中ですよ
野生のBBS
南瓜ブログの掲示板へ
検索フォーム
プロフィール

野生の南瓜

Author:野生の南瓜
産地:日本(Japan)
ゲームを作るタイプのかぼちゃ。
現在エヴァネッセント・サーガというゲームを制作後、Unityに手を出しているらしい。

Nice to meet you. I'm a personal game maker.